Performance Horizon ブログ

Wendy's、SpotifyのBranded Momentsサービスを活用

Posted by Performance Horizon on 2017/02/06 1:18:40

Wendy's taos soitufy.jpeg

今週のデジタルマーケティング/パートナーマーケティング関連ニュースの一番手はハンバーガーと音楽です。ちょっと変わった組み合わせに見えますが、Wendy'sがSpotifyのBranded Momentsを使って展開したキャンペーンは、ブランド企業が革新的なパートナーシップを受け入れ始めていることの好例です。今週、他に気になったニュースは、旅行業、小売業、金融サービス業のモバイルマーケティングに関する話題です。ぜひ、目を通してみてください。

Wendy's、SpotifyのBranded Momentsサービスを活用~お腹が減ったその時を狙う

AdExchangerが伝えたところによると、Wendy'sはダブルスタックサンドイッチ4個を4ドルで売り出すプロモーションを展開するため、Spotifyと提携して同社の新しい広告サービス「Branded Moments」のローンチパートナーとなりました。Spotifyでは、特定の活動や特定の時間帯といったTPOに合わせたプレイリストを消費者が選び、音楽を聴けます。Branded Momentsは、ブランド企業がスポンサーとなって、プレイリストに関連性のある広告をモバイルアプリで配信するためのサービスです。Spotifyはまず、「Dinner」(ディナー)、「Party」(パーティ)、「Chillout」(環境音楽)、「Workout」(運動)、「Sleep」(睡眠)、「Focus」(集中)の6種の「Moment」(時)でBranded Momentsの提供を開始します。企業は、Spotifyが「Moment」向けに用意しているプレイリストに加えて、利用者が独自に作成しているプレイリストのスポンサーとなることもできます。利用者が作成したプレイリストは、リスト名や登録されている音楽によって前出の「Moment」に分類されます。

Airbnb、独自の航空チケット予約サイトを構築中か

次はBusiness Insiderが伝えているニュースです。人気のレンタル宿泊先予約サイトのAirbnbが新たに航空チケット予約サービスを構築し、PriceLineやExpediaといった大手旅行代理店を相手に戦いを挑もうとしているとの報道が流れています。Airbnbは、既存のネット旅行代理店を買収するか、他のプロバイダーからデータのライセンス提供を受け、「Flights」というシンプルな名前で新サービスを構築するようです。まったく新しい方法でさらなる売上の柱を築けば、既存事業が世界各地でさまざまな法規制に直面する一方、直近の調達ラウンドの終わりが迫っている中、同社の展望も開けるかもしれません。

モバイルを使った調べ物が購入サイクルの起点~78%が同日中に購入

消費者がスマホで商品についての調べ物を始めたなら、その商品を実際に購入するのも時間の問題で、わりとすぐのタイミングです。米国では、最終的な購入場所が実店舗となることが多いですが、MediaPostによれば、他の国では必ずしもそうではないようです。最近、xADとMillward Brownが米国、英国、ドイツ、中国、日本の5か国でショッピング行動について調査を行ったところ、スマホの普及率は国によってばらつきがあるものの、消費者の30%近くが調べ物に最もよく使うデバイスとしてスマホを挙げていることが分かりました。

さよならPFM(個人財務管理)~時代はデータドリブンな金融管理へ

長年にわたって存在しているPFM(Personal Financial Management:個人財務管理)ですが、金融業界のどこを見渡しても、これまでの評判は芳しくありません。もしかすると、ネットバンキング利用者のほとんどが、そのようなサービスがあることにすら気付いていなかった可能性もあります。知っていたとしても、外部の口座をまとめるのが難しいと感じたことでしょう。それに加えて、分類やデータの活用がうまくいかなかったりするのも、利用者の不評を買う原因のひとつになっていました。どれもこれも、PFM製品に対するイメージを低下させるばかりだったと、The Financial Brandは伝えています。しかしながら、時代は変わり、個人の財務を管理する方法も変わってきています。今後、PFM製品は「データドリブン型の金融管理」(data-driven money management)とも呼べる新たな枠組みをベースとするものへと、大きく変貌しようとしています。


アプリ時代のモバイルショッピング~その規模は?

モバイル端末を使ったショッピング購入額(アプリ経由の購入とウェブブラウザー経由の購入の両方を含む)は、全世界ベースで前年比53%増と爆発的に伸びています。デスクトップPCから購入する「従来型」のショッピングのシェアを奪っていると考えられますが、実店舗への訪問を単に置き換えているのではなく、ショッピング市場全体の拡大にも貢献しているようです。強力な性能を持つデバイスやアプリが増え、端末をタップして購入するのがとても簡単になったことも、モバイルショッピングの成長に寄与しています。Amazonが先陣を切って「1-Click注文」を導入したのは何年も前のことですが、他にも同様の機能を持つ小売業者が存在すると、Kevin CookはNasdaq.comに寄せて書いています。最近では、モバイル端末を使ってショッピングをするのが簡単(あるいは楽しい)というだけが理由ではなくなってきています。先端を行く小売業者は、モバイルで買い物をすればうれしいことがあるような、パーソナライズされたショッピング体験を用意しています。

Topics: General

Performance Horizonについて

Performance Horizonは、デジタルパートナーマーケティング向けSaaSソリューションを提供するリーディング ベンダーです。当社のソリューションによって、企業はマーケティングパートナーと直接つながり、顧客獲得率を飛躍的に高め、すべてのオンラインマーケティングチャネルで高い利益率を実現することが可能になります。 米国、日本、英国、豪州のオフィスを拠点にビジネスを展開しているPerformance Horizonのプラットフォームは、世界183ヶ国以上、190,000社のマーケティングパートナーを通じて広告主が30億米ドル以上の収益を生み出す原動力になっています。

ブログ更新通知をメールで受け取る

最近の投稿